風呂敷の使い方

ギフト

今、風呂敷の使い方は多岐に渡っています。
包むということは昔からもちろん行われていましたが、結び方を工夫するだけでバッグにもなりますし、
贈答品を包み、持ち運ぶための袋として使うこともできるのです。

風呂敷プラス、何かというギフトを贈るという方も増えいて、人気のギフトとして取り扱われています。
風呂敷の結び方は、本が出ているぐらいたくさん種類があります。

折り紙感覚で楽しみながらアレンジできますし、風呂敷の柄をファッションに合わせても楽しくギフト
コーディネートできるかもしれません。

風呂敷をギフトとして贈るというのは、日本的な雰囲気も出すことができますし、
特に昔から愛用されているような世代では喜ばれることでしょう。

全体に柄がある風呂敷デザイン

風呂敷全体に亘って柄を施したデザインのものは、どの位置で物を包んだとしても同じ模様が表になるため、
包むためだけではなく、壁に掛けたり、床に敷いたり、バッグを作成したりなど色々な目的で利用したい場合にも
適しているデザインであると言えます。パターンとしては全面取りというものと散し文というものがあるのです。

バッグ全面取りでは模様が生地の一面に施されていて柄は、どこで物を包んだとしても同じようになります。
散し文の方は生地の中に無作為に不規則的な模様が風呂敷の全体に散りばめられているもので、
日本の伝統的な美意識が感じられるデザインとなっています。

しかし、風呂敷の全体に亘って柄を施したものは、あまり一般的であるとは言えません。
何故ならば風呂敷は、様々な物を包んだときに、違った表情を見せることが出来るように、
あえて偏りが出来るように柄を施しているのが一般的だからです。

柄に偏りを出すことによって、幾つもの表情を見せてくれることを楽しむのも魅力の1つで
あるということが出来ます。
散し文の場合は色々な物を包む度に様々な模様が浮き出て、様々な表情を楽しめることになるのです。

ところが全面取りのように柄を全体的に施した場合は、そういった楽しみ方は出来ないため、
あまり一般的ではないのですが近頃は風呂敷をタペストリーのような感覚で壁に飾りつけるといった使い方を
する場合が増えてきています。

壁に飾りつける場合は、物を包むこともないため柄がまんべんなく施されていたほうが見栄えがすると言えるのです。
柄に関しては和風の柄となっているのでタペストリーとは、また違った雰囲気を演出することが出来ます。

また、近頃はペルシャ絨毯などで床を飾りつけることも流行しているのです。
実際には夏の暑い時期でもペルシャ絨毯は涼しく過ごすことが出来る物なのですが、見た目はどうしても
暑苦しく見えてしまいます。そんなときに柄がまんべんなく施された風呂敷を床に敷くと見た目が非常に涼しげに見えるのです。